終末期医療の多様化と求められる指針

医療

終末期医療の多様化と求められる指針

終末期医療、別名ターミナルケアと呼ばれるケアに関しては、かつてのように延命だけを求める形ではなくなりました。
痛みの緩和を含め、人間としての尊厳を守りつつ生きられることを念頭に置いた形が求められています。
終末期としての形は多種多様で、患者本人の望む形での治療や、緩和ケアが必要となってきました。
そのため、具体的な治療を行う前に、本人の希望をまず尋ねる事、家族の同意を得ることも大切といわれています。
以前は終末期の治療としては入院が主たる形でしたが、昨今では通院や在宅による形も増えてきており、多様化が進んできました。
患者の生活の質を落とさないためのライフスタイルにおけるし好品の許可を認める形も存在しており、今後もより一層広がるといわれています。
自宅でも快適に終末期を過ごせるように、支援する形も多様化しているのは事実です。
今後の終末期に関する、心のケアをも含めた医療への指針が広く求められてきています。

医療費の負担と将来の対策の必要性

病気になると治療が必要になりますが、その民間の医療費が増え続けている現状があります。
今の保険制度では補えなくなっているということで、少子高齢化の社会に邁進している日本では、ますます厳しくなってきているということが知られています。
本来では保険制度で国がバランスよく補助をすべきですが、医療費にお金がかかりすぎていて、収入と支出のバランスが取れない状況になっています。
それで国民からの保険料だけでは補えないので会社の雇い主からも徴収している状況です。
それだけではなく、国が多額の補てんをしてやっと補っている状況なので、当然国の借金が減りようがありません。
その状況を誰が見ても続くはずがないということになります。
それでも見ないようにして、今の体制を享受しているのが日本の国民の状況です。
これはいつか大ナタを振るって解消する必要がありますが、今はその猶予期間とも言えますので、その時のために準備をしておく必要があります。