医療界を大きく変える可能性を持っているのが

医療

医療界を大きく変える可能性を持っているのが

長い間、電子カルテは手書きが当たり前でした。
それしか方法がなかったのですから当然です。
しかし、インターネットが発達したことで、医療界も大きく変化しようとしています。
将来的に、医療界を大きく変える可能性を持っていると言われているのが電子カルテです。
紙のカルテから電子カルテに変わったことで、医師の情報共有のありかたも変化しました。
手書きの手間が省けると言うだけではありません。
デジタル化することで、どこからでも患者の情報を閲覧することが可能になったわけです。
電子カルテのデータを用いて、他の病院と治療方法の違いを分析することも簡単になりました。
これにより、より質の高い医療が行えるわけです。
また、電子カルテは情報の集積にも大いに活躍します。
治療効果などの臨床研究にも使えるわけです。
一石二鳥どころの騒ぎではありません。
電子カルテはまだまだ普及しているとは言えませんが、普及率はどんどん上昇していくでしょう。

医療用品を作る会社に就職したいです。

医療用品のメーカーに就職を考えています。
病院で使う器具などを作るメーカーなら、社会的に貢献できる仕事でもあるので、自分の仕事にやりがいを感じる事が出来そうです。
私には医者や看護師になることは無理ですが、医療用品のメーカーの社員なら出来るはずです。
自分が出来る範囲で社会貢献できる仕事をしていけば良いと考えています。
医療用品のメーカーは外資系も有るので、外資系の企業で働くのも良さそうです。
日本の企業であれば日本国内と、近隣のアジア諸国くらいが営業範囲だと思いますが、外資系は日本に進出しているくらいなので世界中に活躍の場があります。
幸い私は英語が達者な方なので、自分の英語力を活かして働けるかもしれません。
日本の企業なら日本に根付いた活動ができますし、日本企業にも外資系にも、どちらにもメリットがあるはずなので、特にこだわらずにチャレンジして行きたいです。
医療に携わる仕事が出来ると言う事が、私の第一目標になっています。